×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戦争イベント集

イリハ会戦
――ドルファン軍は国境都市ダナンを奪回
すべく、騎士団を派遣した
――一方、プロキアの撤退要求を無視した
ヴァルファバラハリアンは、ダナン南方の
旧軍事地区イリハに布陣……
――後に「イリハ会戦」と呼ばれる激戦が
ここに繰り広げられようとしていた
セイル 聴け、ドルファンの犬ども!
我が名は疾風のネクセラリア!
我が槍に挑まんとする勇者は
ここにはいないのか?
ヤング ネクセラリア!
このオレが相手をしよう!!
セイル ヤング・マジョラム大尉か…
ハンガリアの狼が、今や
ドルファンの一部隊長とはな
面白い…
ハンガリア時代の決着を
今日ここでつけてやる!!
※セイルとヤングの一騎討ち→セイルの 勝利
ヤング ぐおぉぉ…
セイル ヤングよ、冥途で逢おう…
ヤング ク…クレア…すまん…
セイル ヤングは我が槍で討ち取った!
誰か仇を討つ者はいないのか?
受けて立つぞ!!
名乗り出る 黙ってやり過ごす
※東洋人の勝利 セイル フッ…ヤングも哀れなものよ
どうやら、フヌケの部下にしか
めぐまれなかったようだな
セイル ヤングよ…
良い部下をもったな…
――○○○○は疾風のネクセラリアを
討ち取った
――イリハ会戦は終始機動力で勝っていた
ヴァルファバラハリアンの勝利に終わった
――しかしプロキアの背反が気になるのか
ヴァルファバラハリアンはダナンに後退し
それ以上進軍しようとはしなかった
――辛うじてドルファンは危機を回避する
ことができたのである
 
ダナン攻防戦
――第二次ダナン派兵が行われる……
――現在、ヴァルファバラハリアン側は、
背反したプロキア軍を牽制すべく国境線へ
主力が向かっており……
――ダナンに残留するのは少数の第四大隊
(ボランキオ隊)のみである
――ドルファン側にとって、まさに天恵と
言える好機であった
バルドー ミーヒルビス参謀の言った通り
圧倒的不利を通り越して
まさに絶望といった感じだな…
ルシア バルドー…
バルドー ライナノール!
お前、まだ残っていたのか?
命令違反だぞ!
ルシア このままでは犬死によ
私の隊も加勢するわ
バルドー 本隊と合流しろライナノール!
参謀殿の命令に背く者は…
例えお前であろうとも斬る!!
ルシア …バルドー
わかったわ…
生きて戻って…バルドー…
バルドー おおおおぉぉーーっ!
この不動のボランキオの死戦に
花を添える者はおらぬかーっ!
バルドー 我が斧の切れ味…
試す度胸のある奴は出てこい!
名乗り出る 黙ってやり過ごす
※東洋人の勝利 バルドー ふがいないっ!
これが陸戦の雄ドルファンの
なれの果てなのかっ!!
バルドー …これで妻と子の元へ
行け…る…
――○○○○は不動のボランキオを
討ち取った
――ダナンにおける攻防戦は兵数において
勝ったドルファン側の勝利に終わった
――これにより、占領下にあったダナンは
ドルファンの手に戻ったが……
――しかしダナンを統括するベルシス家は
ドルファン騎士団の駐屯を拒絶する
――憂いの種は未だ尽きない
 
テラ河の戦い
――12月1日、ヴァルファバラハリアン
はドルファン領内へ侵攻しようとしたが、
テラ北河の増水により足止めを受けていた
――ドルファン側はダナンを注視しつつも
騎士団をテラ北河対岸に展開
――両軍テラ河を挟んでの持久戦となった
スパン チッ…河を挟んで
にらめっこなんて性に合わねえ
第二部隊のうち一・三・五は
現状を維持…
二・四はオレに続けーっ!
キリング バカな…
今動いたら敵の思うつぼだぞ!
戻れ、コーキルネィファ!!
スパン ヘヘヘ…
オレは参謀みたいに気の長ぇ
老人じゃないんでね
やい、ドルファンのクズども!
オレと水遊びしようなんていう
豪気なヤツはいねえのか?
名乗り出る 黙ってやり過ごす
※東洋人の勝利 スパン ケッ…肝っ玉の小さい
犬コロどもだぜ
スパン …へへ…お前…強ぇじゃんか
……
――○○○○は迅雷のコーキルネィファを
討ち取った
――結局、コーキルネィファの突出が痛手と
なり、ヴァルファバラハリアンは撤退を余儀
なくされ……
――テラ河の戦いは、ドルファン側の勝利で
幕を閉じた
 
パーシルの戦い
――ダナン近域のテラ北河から侵入すると
思われていたヴァルファバラハリアンが、
下流域から出現し首都城塞へ向かっていた
――ドルファン側は、多勢にとって有利と
される平地戦闘を目し……
――首都城塞北方のパーシル平野に布陣し
ヴァルファ側との接触を待った
――そして、パーシルの戦いが始まる……
キリング この度の戦…
八割方負けでしょうな
デュノス すまぬキリング…
お前には三十数年の間
苦労ばかりかけているな…
キリング…デュノス様
それが私の誇りなのです
つまらぬ悔恨は言って下さるな
デュノス …キリング
キリング デュノス様
私の申した通りダナンへ…
そして時を待って下さい
デュノス …わかった
キリング…死ぬ時は共にな…
キリング さて…
この老いぼれの鎌に立ち向かう
若き騎士はおりませんか?
名乗り出る 黙ってやり過ごす
※東洋人の勝利 キリング 残念です…
これからは貴方達の時代なのに
……
キリング デュノス様
このミーヒルビス…最後まで
仕える事…叶いませんでした…
――○○○○は幽鬼のミーヒルビスを
討ち取った
――この戦いは開戦前からドルファン側に
圧倒的有利と評されていたが……
――ミーヒルビスの奇策の前に、予想外の
損害を被った
――最終的にドルファン側は予想に違わず
勝利を得たが、騎士団の三分の一を失うと
いう、辛い勝利であった
 
首都城塞戦 その1
――ダナンよりヴァルファバラハリアンの
軍団長であるヴォルフガリオを拘束したと
の急報が入った
――首領を失った敵軍団を掃討する目的で
ドルファン側は再度ダナンへ派兵したが
――全てはワナであった
――未明、手薄になった首都城塞に向けて
ヴァルフガリオ率いる特攻部隊が猛進……
――最後の決戦が、首都城塞外壁において
繰り広げられようとしていた
デュノス もはや我が命運も尽きた…
されば己が全てを懸けて
ドルファン王家に一矢を報いん
我が名は破滅のヴォルフガリオ
この首を獲らんと思う者は
我が前へ出よ!
名乗り出る 黙ってやり過ごす
※東洋人の勝利 デュノスならば道を開けい!
勇無き者に振るう剣はない!!
デュノス キリング…我も参るぞ…
娘よ…
――○○○○は破滅のヴォルフガリオを
討ち取った
――最終決戦となった首都城塞戦において
――後に「ドルファン・プロキア戦争」と
呼ばれる、この戦争は……
――ドルファン側の勝利で幕を閉じた
――残るは、棚上げになっていたプロキア
との休戦協定を正式に結ぶのみである
 
首都城塞戦 その2
――3月1日午前10時
大型のハリケーンがドルファンに上陸した
――その嵐の中、ドルファン城に向けて
突き進む一団の姿があった
デュノスひるむな!
敵城は、あと僅かの距離だ!!
一気に駆け抜けろーっ!
ピコ大変だよ!
ヴァルファバラハリアンが
城塞内に侵入したって
この嵐で近衛軍の連絡が
ままならないみたいなの…
このままじゃマズイかも
こういう時こそ戦ってよ…
滅多にないチャンスなんだよ
ねえ?
嵐の中、敵を追う こういう日は大人しく寝て過ごす
ピコそうこなくっちゃ!
もし…死んだらお墓にお花を
添えてあげるから心配しないで
――○○○○は一日中寝た

※イベント終了
――雨はやんだが風は更に強くなってくる
まだ本城の周囲には敵の姿が認められない
――暫くして、前方に兵馬の一団が認められた
近衛兵そこ!
何やってる?
ここは我々が守備…うわっ!
デュノス何人も我が行く手を
阻む事は出来ぬ…
若いの…冥途の土産に
教えてやろう…我こそは
破滅のヴォルフガリオ!
――ヴァルファバラハリアンの軍団長が
今、○○○○の目の前で剣を構えている
デュノス あの王城で惰眠をむさぼる国王
デュラン・ドルファンは
かつての弟…
我を死地に追いやった張本人!
我が憎むべき肉親であり敵!!
耳ある者は聴けーっ!
目のある者は見よーっ!!
この顔こそ何よりの証
我に刃向かう者は
ドルファン王家の血に仇なす
事になるぞ!
――周囲に集まりつつあった近衛兵たちは
ヴォルフガリオの言葉に…また威に打たれ
誰一人その場を動く者はなかった
デュノス 若き東洋人よ
そこをどくのだ…
剣を抜いて一騎打ちを申し込む 大人しく道を開ける
デュノス 面白い…
その勇気に敬意を表し、我も
最高の剣技をもって応じよう
――ヴァルフガリオは黙々と王城へ向けて
歩き出した
※東洋人の勝利 ――制止する者は誰もいない
デュノス 我が天命もここに尽きたか…
…若いの…我が首を取れ
ピコ バカーっ!
待って!
デュノス ライズ!? 心配になって来てみれば…
何でキミは敵の親玉をみすみす
逃しちゃったわけ?
ライズ 軍団長には
一指たりとも触れさせないわ
デュノス 馬鹿者…
早く…早く逃げるんだ…
もはや我らの負けだ
ライズ まだです…まだ… もうバカ・バカ・バカ!
デュノス …我が憎悪の念が
お前も八騎将も…他の兵士達も
負け戦に巻き込んでしまったな
もし同情で剣を引いたのなら
それはキミ、間違ってるよ
ヴァルファバラハリアンは
我が死とともに消滅する…
残りの人生を自分の為に使え…
いくらヴォルフガリオに
魔人の如き強さがあっても
城内の兵全部を相手に出来ない
普通の女としてな…
ライズ お父様ぁ… …もう彼は死を覚悟してた
キミは彼の為に真正面から
挑むべきだったのよ…
デュノス 者ども聴けーっ!
我が娘は王家の血を継ぐ者ぞ
手出しする事まかりならん!
ぐはっ! もうキミは一介の傭兵じゃなく
騎士を目指す身なんだから…
ライズ あっ…
――ヴォルフガリオは、自らの剣をもって
己の人生に終止符を打った
――ピコが言った通り、ヴォルフガリオは
王の書斎の前で力尽き、屍をさらすことと
なった……
ライズ いやーーっ!
お父様ぁーーっ!!
――傭兵騎士団ヴァルファバラハリアンは
軍団長ヴォルフガリオの死によって事実上
壊滅となった
――死者百余名、重軽傷者二百五十名……
僅か十人足らずの特攻は、予想外の被害を
もたらして、幕を閉じた
――かくして戦争の幕は降ろされた……

雑多図書館徹底攻略みつめてナイト> 戦争イベント集