×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サモンナイト4攻略 戦術面から見たユニット考 (ユニット召喚獣編)


戦術面から見たユニットの評価・ユニット召喚獣編

テレビー 1周目:★★☆☆☆ 2周目以降:★★☆☆☆

・強敵に有効な衛星攻撃αが使える(敵の最大HP1/4ダメージ 遠距離攻撃と比べると範囲攻撃で射程も長い)
 他のユニット召喚獣が相手が強敵になると急速に無力化するのと比べると異常ともいえる強さ
 (逆の言い方をすればHPの1/4を削るだけ これが重要になる程敵が強いなら、残りの3/4はどうする?)
・衛星攻撃αの消費MPが100と莫大
 しかし、テレビーの最大MPの伸びがそれほどでもなく、レベルが高くないと2発目は撃てない
 テレポートで敵に接近するには、更にMPが必要
 スペシャルボディのため、眠りによるMP回復不可 1周目は終盤までアイテムと料理以外のMP回復手段がない
・遠距離攻撃なし 物理攻撃はAT、TEC共に低く、絶対攻撃等特殊能力もなし 浮遊なし テレポート除き、移動も平均的と、
 ユニット自体の能力は平均以下 衛星攻撃が撃てなくなった途端にお荷物と化す
・衛星攻撃はお気に入り専用 機属性召喚師がリシェルだけの場合、
 ビットガンマーのガンマバリア、エレキメデスのボルツテンペスト、フレイムナイトのダークフレイムなど
 他の使えるお気に入り召喚を封印する必要がある
・ユニット召喚ではないが、お気に入り召喚のトリップビジョンは効果が完全ランダム
 それぞれの異常付加率とMP効率は本家のスリープコール、ラブミーウィンド、咆狂を一部凌駕する性能
 しかし、足止めの眠り、魅了に狂化が入っているため、異常付加後の対応がややこしい あるいは博打戦術になる

…など、色々な意味での一発屋。
リシェルのお気に入りにするのは正直お勧めできませんが、召喚主人公のお気に入りには面白いかも?
戦力として期待しすぎないで、ゲームを楽しむために入れてみる位で丁度良いのかもしれません。


ライザー 1周目:★★★★★ 2周目以降:★★★★★

LV2以上で習得する「放電」が強力。
放電はメインユニットでも有効な能力ですが、召喚ユニットの場合、
召喚→移動→放電によって超遠距離の相手の動きを封じる事が可能。
また、移動→放電→送還によって動きを封じる敵の付近が他の敵の射程に入っている場合にも対応できます。
強いというレベルを超えて、戦闘の切り札になりうるユニットです。

放電を除いても基本能力が高く、浮遊のため移動に融通も利く、ペコ、ホロホロに並ぶ遠距離攻撃使いです。


ゴレム 1周目:★☆☆☆☆ 2周目以降:★★★☆☆

攻略本やネットなどで最高に近い評価を得ているユニット召喚獣。
このユニットの最大の売りは高い物理攻撃力と元々の物理防御+高いHP+ハードボディによる高い防御力にあります。
ただ、個人的にはあまりお勧めしません。 理由は以下の通り。

1. 魔法防御が最低ランクのため、気軽に前線に出せない
2. ハードボディ獲得がLV3
3. ZOCが無い
4. 低い機動性能 召喚範囲の狭さ 成長の遅い横方向の移動力、上下も遅く、初期状態では3段上に上れず、召喚も出来ず
5. 前線ユニットとしては問題の低いTEC 攻撃を外し易く、敵からクリティカルを連発される

1についてはユニットを壁として使う場合、不確定要素(攻撃範囲の見逃し等)にはある程度は耐えてもらいたいものです。
一般論ですが、ある属性には強いが、ある属性には弱いというのは扱いが難しい(クセが強い)部類に入ります。

2についてはフルメタルフライ(デジの素)9個が必要。 それまでハードボディの効果はありません。
1周目だと、ビットガンマーなど、強力な召喚術の強化が後回しになります。
また、いくら防御が強いといってもユニット召喚獣ですので限界があります。
武器、防具、アクセサリによる能力の底上げ、レベルアップ時のパラメータの振り分けが出来るメインユニットと比べると、
ユニット召喚獣は元々、不利な条件下にあります。

3についてはそのまま。
壁の遮断効果が不十分なため、後ろのユニット配置に配慮が必要になります。

4は結構深刻。
召喚範囲が狭く、少し上の段差に召喚出来ず、自力で上に上がれません。
何度も召喚、送還を繰り返すのでなければ、足が遅く、間接攻撃も出来ないため他のユニットに置いていかれがちです。
特に今作に多い迎撃戦では攻撃の機会が減り、そうでなくても主力にすると全軍の進軍速度に影響します。

5は壁ユニットの攻撃は当たらなくて元々という割り切りも出来ますが、出来れば当たって欲しいもの。
私の場合、数少ない攻撃チャンスを外す困ったさんという印象しか残っていません。
マヒや眠りにすれば確かに当たりますが、そういう限定条件でしか使えないというのでは困ります。
(マヒや眠りにすれば被ダメージが上がるため、少々攻撃が弱いユニットの攻撃でも殆ど変わりません)


イヌマル 1周目:★★★★★ 2周目以降:★★★★★

隠密+全召喚ユニット中最高の機動力が売りです。
浮遊&縦移動ではホロホロに遅れを取りますが、
ダッシュ!+ダブルムーブ(お気に入り)で、ある意味全ユニット中でも最強の機動性能を持っています。
この機動性と隠密の相性、更にユニット召喚獣の送還と隠密の相性が最高に良いです。
更に遠距離攻撃、眼力/威圧、俊敏/見切/カウンター付き。
しかもパラメータの成長率も全体的に高く、直接、遠距離攻撃共に高レベル。
ハミトンと並んでユニット召喚獣の中でも別格の印象です。
イヌマルも充分、単独で戦局を変えうるユニットです。
お気に入り召喚の刀牙一文字も強力なので、お気に入りにするのもお勧め。
(私の場合、ギョロメの驚眩眼を手放すタイミングを失いましたが)
ただ、忍者系の割に攻撃を良く外す印象があるのと、バックアタックがないのはご愛嬌。


ミョージン 1周目:★★★☆☆ 2周目以降:★★★☆☆

普通の遠距離攻撃持ち。
攻撃力が特に高い訳ではなく、浮遊なし。 移動力も中の上くらいで機動性能はごくごく普通。
物理攻撃は吸収攻撃も持ってはいるものの、攻撃力がペコクラスでは使いものになりません。
防御力もどうにもならない感じで、恐らく吸収攻撃では補えません。
お気に入りの沈黙攻撃は使い所が難しく、かえって害になる事もあります。
眼力、威圧はイヌマルが持ってますし、抗魔の領域はペコが持ってます。

…と、ここまで書いておいて、実は私は結構お世話になってました。
特に1周目、遠距離攻撃持ちが少ない序盤ではかなり活躍。
遠距離攻撃を習得するのにLV1にする必要があり、中盤で外して以降は全く使っていないのですが、
それを見越して序盤でミョージンを外して戦闘するとかなりきつかった記憶があります。
MATが低すぎる場合を除いて、結局遠距離攻撃持ちは強い、という事でしょうか。


ナガレ 1周目:★★☆☆☆ 2周目以降:★★★☆☆

防御/見切りのユニットの背後に召喚→ダブルアタックは一度は決めてみたい攻撃。
ただ、LV3は敷居が高すぎます。
妖力粉9個をナガレにつぎ込む前に成長させておきたい召喚獣が多いため、ついつい後回しに。
まあ、この攻撃はナガレが突出する形で取り残されがちなため、実用面では趣味の領域に近いかもしれません。
チャージはLV0ですが、お気に入り専用。 これのためにお気に入り枠を使うのも勿体無い気がします。
遠距離攻撃はMATが低いため攻撃力不足で、結局、TECが高い直接攻撃ユニットでしかないという淋しい事になりがち。
ただ、攻撃を外しやすいユニット召喚獣の中でTEC・Sは個人的にはポイントが高いです。


ハミトン 1周目:★★★★★ 2周目以降:★★★★★

隠密、位置交換、遠距離攻撃、幽星体、幻実防御を持つ技のデパート。
特に位置交換はかなり面白いスキルです。(そのうち活用法を考察します)
全体的にパラメータも高く、単独で戦局を変えうるユニットといえます。
ただし、浮遊持ちに見えて実は浮遊なし。 機動力も低めなのが玉に傷です。


ポワソ 1周目:★★★☆☆ 2周目以降:★★★☆☆ (ユニットとしてのみの評価)

浮遊と勇猛果敢で接近して絶対攻撃という戦法が得意です。
前作から遠距離攻撃が出来なくなり、今回はテレポートもなくなりました。
前線ユニットと思いきや、AT、TECはさほどではなく、DFは低レベル。

しかし、ポワソの真価はお気に入り召喚のティンクルスターにあります。
ティンクルスターは実は唯一の単体で射程6の攻撃用召喚術。(憑依吸収、ダメージ状態異常召喚を除く)
しかもMP消費が低めで連射可能、上射程が最大5と強いという特徴を持っています。
これが非常に使い勝手が良く、私の場合、リビエルの主砲として常備。
戦闘の切り札となる場面もあった程、多用しました。

ユニット召喚はそのおまけ。 といっても、絶対攻撃とユニット送還の相性が良好。
攻撃の先鋒も駄目元の止めも気軽にこなせる便利な存在でした。
高い異常耐性も障害物破壊に重宝。
お気に入り登録の割に攻撃を外しがちで、攻撃力がそこそこなのを除けば使い勝手は上々でした。


ペコ 1周目:★★★★☆ 2周目以降:★★★★☆

遠距離攻撃専門ユニット。 能力的にはゴレムの対極。 機動力は低め。
MATが高いため、遠距離攻撃の攻撃力が高く、浮遊持ちですが、それ以外に特徴がないのが欠点。
それでも遠距離攻撃が強いので使いたいですが、
ライザー、イヌマル、ハミトン、ホロホロといった面々と比べると厳しいと言わざるを得ません。
更に霊属性ユニット召喚持ちが召喚タイプ主人公を除きリビエルだけなので、
ポワソ、ハミトンに加えてペコも装備というのはちょっと無理があります。
抗魔の領域、幻実防御、心眼は有効。(ですが、いずれも敵の攻撃を受ける事が前提のスキルです。)
今回は他のユニット召喚獣の能力が全体的に低ければレギュラーの座が約束されていたはずの不遇なユニットという印象です。


ホロホロ 1周目:★★★★★ 2周目以降:★★★★★

最初から移動4の上に移動力の成長が早く、浮遊持ち、上下移動5という機動性に優れたユニット。
遠距離攻撃持ちでブレイブレベルでの攻撃力は優秀。
物理攻撃はTECが高いため信頼性が高く、攻撃力も意外とあります。
細かいですが、行動が終了すると後ろの投具、銃を阻害しないために着地してくれるお利口さん。

敵に一気に接近して遠距離攻撃によるおびき出し→送還。
おびき出しにかからなければ何度も召喚→遠距離攻撃→送還という強力な攻撃が可能。
他の遠距離攻撃ユニットに出来ないとは言いませんが、
横方向の移動力、どんな過酷な地形も物ともしない機動性は他の追随を許しません。

攻略本などでは最低評価を受けている不遇なユニット召喚獣ですが、
個人的思い入れを加味しなくても実際戦局を変えうるユニットなのでこの評価です。


オヤカタ/テテ 1周目:★★★★☆ 2周目以降:★★★★☆

実際使ってみて、サモンナイト2の評価で厳しいと書いたのを少し後悔。
チャージ&ダッシュ!はかなり使える連携です。
物理攻撃、防御、TEC、機動力いずれも高レベル。
直接攻撃ユニットとしては一番バランスが取れていてお勧めです。
カウンター、火事場のバカ力は…ユニット召喚獣であまり無理をしすぎない方が良いでしょう。

オヤカタ、テテの違いはオヤカタがミント専用である事と名前の変更不可である事。
パラメータの違い(オヤカタの方が若干高い)とお気に入り召喚の性能が若干違います。
どちらを育てるかですが、ミントにしか装備させる予定が無いなら、オヤカタ、
他のメンバーに装備させたいならテテといった感じでしょうか。


プニム 1周目:★★★☆☆ 2周目以降:★★★☆☆

2の頃から(ガウム含めれば1から)扱いの難しいユニットです。
精神攻撃はHPを0にしてMPを使わせなければ良いだけの事で、
敵召喚師の召喚術をまともに受けながらの、もみあいの戦闘をする必要はありません。
しかも、プニムのATが低めで大量に削れる訳でもなく、削った分を吸収出来る訳でもなく、敵の回避、反撃も普通に有効。
通常攻撃は全て自動的にMPダメージに変化というのは殆どペナルティに近いです。
眠り攻撃で首尾よく眠ってくれれば良いんですが…。
更に改の方はHP・MPダメージ半々という中途半端。 MPを削り切れる訳でもなく、HPも殆ど削れず。 でもMP消費。
プニプニボディで物理攻撃を軽減出来ますが、物理攻撃をする相手に精神攻撃をする意味がなく、スキルの連携がちぐはぐです。

遠距離攻撃は使えますが、浮遊が無く、ミョージンと似た傾向。
物理攻撃系の敵に遠距離攻撃→プニプニボディで受ける、なら連携がありますが、もっとましなおびき出しの方法があるはずです。
結局、上の評価は浮遊なし遠距離攻撃ユニットとしての評価です。


雑多図書館徹底攻略 サモンナイト4> サモンナイト4攻略 戦術面から見たユニット考 (ユニット召喚獣編)